2012年10月05日

経済指標とチャート分析


定期的に注目されるのは、雇用統計と政策金利。
政策金利発表の後には、記者会見があります。

このイベントの、為替レートへ与える影響は大きいです。
短時間でめまぐるしく為替レートが動きます。
細かく値を追いかけるのもいいですが、トレードに活かすのは不可能です。
動きが早すぎて、ついていけません。

9月は、こんな動きをしました。

121005eurusd10m09の統計.png


右の赤い楕円がアメリカの金融政策FOMCです。
発表時は上と下に大きくヒゲと作りました。
激しく動いたのがわかります。

しかし、一時間足のチャートで見ると

121005eurusd1h09の統計.png


青いトレンドラインと、その補助線に反応しています。
右の赤丸が先程のFOMCです。
絶好の逆張りポイントでした。

このように、長い目で見るとチャートの分析範囲です。
激しく動いていても、案外チャートのライン通りだったパターンは多いです。
一時間足以上のチャートを分析して、じっくりトレードするのも一つの手法です。


posted by 逆張りナンピン at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

チャート分析 チャートの選択



逆張りの為のチャート分析


・通貨ペアを選択します

日本ではドル円を始め、クロス円が多いのでしょう。
クロス円とは、ユーロ/円、ポンド/円などのことを指します。

特徴的には、ドル円は大きな変動は少ないです。
オーストラリアドルは、素直に動くと思っています。
ユーロ、ポンドは、時々短時間に大きく動きます。
先週末、一日で200pips以上落ちたり、翌日戻したりしています。


・チャートの時間足を選択します

通貨ペアが決まったら、時間足を決めます。
主に1分、5分、15分、30分、60分、4時間、日、週があります。

トレードの手法によって、重視するチャートは違ってきます。
スキャルピング、デイトレ、スウィング、長期保有。

基本的には、週足、日足から見て流れをつかみます。
次に、自分の手法に合わせた時間足を分析します。


・逆張りにお薦めの通貨とチャートは?

個人的には、ユーロ/ドルの1時間足チャートを基本にしています。

通貨は、一概に言えません。
動きの少ない通貨は、やりにくいです。
また、マイナー通貨は激しく動く時があります。
動きもあり、取引量の一番多いのがユーロ/ドルです。

FXは、動いて差益を得る投資です。
その時々で、動く通貨を選ぶのも一つの考えです。

時間足は、週足、日足、4時間もチェックしています。
1時間足をベースに、5分足で取引しています。



             
posted by 逆張りナンピン at 21:01| Comment(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。