2012年08月25日

逆張りとトレンド



以前、この記事を書きました。

トレンドは、逆張りナンピン注意です



ここで書いたのは
トレンドラインの重要性と、トレンド発生時の逆バリは要注意。
重要性は重複するので割愛します。

発生時の逆張りのことについて追記します。


トレンドラインを引きます。

120804audusd4h.PNG



ローソク足の安値と安値を結んだ、上昇のトレンドライン。
上の斜線は、トレンドラインから平行に移動させたラインです。
この平行のラインも、有効に機能することが多いです。

このチャートから読めることは、一定の値幅で上昇していること。

このように、明らかな上昇のトレンドが発生している時。
一定の値幅で、何度も上昇下降を繰り返している時。
現在値が、ほぼ上のラインにタッチしている時。
この状況で、逆張り主体と言えど簡単には売れません。

もう四回も接近したんだから、そろそろ抜ける?
その危惧は正しいと思います。

このチャートは四時間足です。
一定の値幅で上下しながら、かなり長期間に渡って上昇しています。
このような場合、上のラインで逆張りの売りは危険です。
なぜなら、この場合の売りは、長期のトレンドにも逆らっているから。
長期に渡るトレンドは、持続する傾向が強いと思われます。

この場合の逆張りは、トレンドラインでのロングが堅いと考えます。
下げているところで、トレンドライン付近での逆張りロング。
この逆張りは、長期間のトレンドと方向が同じです。

ここで逆張りの売りがないとも言えません。
その場合、ロットを小さくします。
利喰い損切りも浅くして、深追いはしません。

1000通貨単位で、トレードするのもアリです。



逆行しても、致命傷を追わないように。
取り戻す機会は、いつでもあるのですから。


                        
posted by 逆張りナンピン at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

1000通貨でトレードできるFX会社



逆張りからナンピンを重ねていくと、ポジションサイズが大きくなります。
また手法の検証などでも、幾通りものポジションを持ちます。

そこで、1000通貨でトレードできるFX会社を探しました。

外為ジャパン、トレーダーズ証券のみんなのFX
外為どっとコム、SBIなどが対応しています。

SBIの口座から開設してみます。
SBIとは、もともとはソフトバンク・インベストメント。
今は完全に独立して、資本関係はありません。
FXを扱うのは、SBIFXトレード株式会社です。
まだ歴史も浅く、FXの取り扱いは始めたばかりです。

後発なので、ユニークなシステムがあります。

1通貨単位から取引できます

・ドル円:1ドル80円の場合
通常の1万通貨なら、証拠金は約4万円。
1000通貨単位では4000円、1通貨単位なら約4円です。

・ドル円が1円動いた場合
変動額は、1万通貨では1万円。
1000通貨単位で1000円、1通貨単位なら1円の変動です。

デモトレードと本番の取引は、微妙に違います。
初心者の方の、トレーニングに良いですね。


スプレッドが狭い

他のFX会社と比べても遜色ないです。
狭いスプレッドは、スキャルピングトレードには欠かせませんね。


安心の自己資本規制比率

この自己資本規制比率が低いと、倒産する可能性が高いとされます。
証券取引法で、120%を維持することが義務付けられています。
日本の会社は、信託保全を義務付けられています。
顧客の資金を保護する信託保全があっても、用心にこしたことはないです。


クイック入金は、殆んどの国内銀行に対応

380行の銀行で、クイック入金が可能です。



こちらから開設の申し込みができます。
    ⇓  ⇓  ⇓  ⇓






前回、実際にトレードする前の準備を書きました。
その一つ、チャート分析は大切です。

チャート分析に必要なラインが引けないなら、ツールを使ってもいいでしょう。
左サイドバーのトップに紹介してるので、参考にして下さい。

簡単なテクニカルの実践ブログはこちら










posted by 逆張りナンピン at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

1000通貨でも準備は行いましょう


スポーツの前にアップが必要なように、トレードする前にも準備が必要です。
例えデモトレードでも、1000通貨でも、習慣化しておくと良いと思います。

その準備とは、ローソク足チャートの分析です。
メインにしている通貨ペアがあれば、その通貨でやれば良いでしょう。
日足などの長い足から、4時間、1時間と見ていきます。
スキャルをメインにしていれば、長い足は必要ないかも知れません。
しかし、全体の大きな流れを掴んでおくことは重要です。

また、トレードのスタイルによっても異なります。
メインにしている手法の時間足を、入念にチェックします。
まず、直近の高値と安値に水平ラインを引きます。
次に、高値と高値、安値と安値、それぞれを結んだラインを引きます。
これが、トレンドラインと呼ばれるものです。
このラインを抜ければ順張り、ラインで逆張りといった手法もあります。
このライン上での値動きは数多く出現します。

このようになります。

120719eurusd1h.PNG

最低限、この水平ラインとトレンドラインは引きましょう。

このラインを基本にして、シミュレーションしましょう。
この時、インディケーターを参考にするのも良いと思います。
移動平均線やMACDは、よく使われています。

最初は難しく考えなくても良いと思います。
思い通りに推移してはくれませんから(笑)

簡単なテクニカルでシミュレーションすることをお薦めします。
posted by 逆張りナンピン at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。