2012年09月12日

雇用統計の逆張りナンピン検証



21:30の雇用統計発表。

ユーロドル1時間足、22:00の終値でエントリー1.276。
日足の直近高値や6月半ばの高値1.274も越えています。

アメリカが落ち着いた頃、ナンピンを狙います。
値動きがないので見送り。

ニューヨークのクローズでのナンピンも考えましたが
週末のサプライズを警戒してこれも見送り。
同時にロスカットも考慮しましたが、ロットが少なかったので持ち越しました。
この時点で含み損が50pips。

見送った理由は、雇用統計の数値とADPとの違和感。
基本的に、数値やニュース、解説は参考程度です。
それでも違和感があったので、リスクはとれません。

週明け、同値で決済しました。
タラレバですが、ナンピンしていたら利益です。
しかし一番の注意点、上昇トレンドが発生しています。
ロットが少なくなければロスカットしていました。

トレンドや雇用統計の違和感、損益0でもOKです。

もう一つの重要な要因。
イベントの急激なレート変動には、リバウンドを伴います。
今回はその傾向が見られませんでした。
相場が上昇を望んでいるように捉えました。



逆張り待機、雇用統計で後出し!
ラベル:逆張り ナンピン
posted by 逆張りナンピン at 09:38| Comment(0) | 逆張り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。